病的口臭とは?病的口臭の種類3選と診断・治療方法

口臭の種類

口臭は色々な原因から起こります。その内の1つが病気による口臭、つまり、病的口臭ですが、それには一体どんなものがあるのでしょうか。

そして、病的口臭になるとどんなような症状が出てくるのかなども見ていきましょう。

病的口臭とは?

先述したように、病的口臭とは、病気によって起こってしまう口臭のことを言います。

病気になると体の栄養バランスもおかしくなりますし、体の機能も正常ではなくなりますよね。

そのため、口臭が発生するのですが、主に、歯や口の中の病気、それに、胃や腸の病気によって比較的強い口臭が発生してしまうというものです。

病的口臭の主な症状とは?

病的口臭の主な症状としていえることが、何らかの疾病で口から嫌なにおいが発生します。

しかも、この臭いは、自分自身だけでなく、他人も不快にするようなにおいが多いです。

例えば、硫黄のようなにおい、何かが腐ったようなにおい、アンモニア臭など、病気によって異なりますが、とにかく悪臭ともいえる口臭を放ちます。

病的口臭の主な種類3選

では、病的口臭にはどんなものがあるのでしょうか。先ほども多少触れましたが、具体的にはどんな病気によって病的口臭が起こりやすくなるのかを見ていきましょう。

歯科疾患が原因の場合

口の中の病気、例えば、虫歯、歯周病、そして、歯槽膿漏、この順番で口臭はひどくなると思っていただいて結構です。

虫歯にかかったことがある方は多いでしょうが、大して口臭なんてしませんよね。

ですが、これを放置しておけば、細菌が繁殖して、どんどん口臭がひどくなりますし、歯ぐきなどにも影響が出ます。

それに、歯周病や歯槽膿漏、これは食べかすなどが歯の根元の隙間などに詰まって、細菌が繁殖して臭いを発し、それが口臭となります。

耳鼻科疾患が原因の場合

実は、口臭の原因の少なくない比率を占めているのが、耳鼻科疾患による病的口臭なのです。

そもそも、鼻と口はつながっているので、当然と言えば当然の結果なのですが、主にどんなことが挙げられるか、蓄膿症で、アレルギーなどではなく、鼻の中が年がら年中詰まっているような状態、さらに、鼻の中からウミのようなにおいを感じることができます。

他にも、咽頭炎や喉頭炎、これは黄砂やアルコールの摂取のし過ぎ、喫煙し過ぎにより起こるのですが、こういった方たちは、大体口で息をしてしまいます。

そのため、口の中が常に乾燥している状態なのです。

口の中が乾燥すると、細菌が増え、口臭がひどくなるので、こういった病気も出来る限り早く対処して治すことが、口臭をなくすためにも先決です。

全身疾患が原因の場合

最後は、全身疾患による口臭ですが、これは、いわゆる大きな病気、もしくは、耳などのパーツではなく、体のどこかが病気にかかっている時に起こってしまう病的口臭のことを指します。

例えば、どんな病気が挙げられるかというと、大きなところで言えば、胃がんです。口から得たものは胃や腸に直結しているのはご存知の通りですよね。

ですから、ここが病気になってしまうと、やはり口臭もひどくなるのですが、そのにおいも、比較的重度の臭さと言えます。

例えば、胃がんの場合、癌細胞が体の中でなくなることによって、その際の腐臭(要は、死体から出てくる臭いと思っていただければわかりやすいです)を放つこともあり、これが、硫黄の臭いよりもひどい臭さとなり、口から出てきます。

同じような胃や腸の病気で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍というのも、食事として摂ったものが消化不良で体の残ることで異臭となり、口から出てきます。

また、日本人の多くが悩む糖尿病、これも口臭を生む原因となる病気です。

この原因は、唾液の分泌が糖尿病の方は少なくなってしまうので、ドライマウスによる口臭が発生し、臭いは甘酸っぱい感じです。

病的口臭の診断方法とは?

例えば、歯科疾患の場合は、歯医者に定期的に健診に行けば、その場で虫歯があるかどうか、歯周病があるかどうかなどを診断してくれ、それが口臭の原因となっているのであれば、それを治す対処もしてくれます。

しかし、そうでなければ、病気の可能性もあるので、歯医者へ行った後、問題がなければ、胃や腸の検査をしに病院に行き、それによる口臭が発生しているのではないかを死んだしてもらいましょう。

病的口臭の治療方法とは?

気になる病的口臭の治療法ですが、当然、びょうきを治療すること、つまり、臭いの元凶を治すことで改善します。

ですので、まずは、どうして口臭がひどくなっているのか、原因を歯医者さん、もしくは病院へ行ってチェックしてもらうようにしましょう。

そうることで、あなたの病的口臭もすぐに気にならなくなるはずですよ。

関連記事